デリケートゾーンとワキガで悩んだ私の赤裸々体験談

デリケートゾーンの臭い対策に専用ソープが効果あり

20代の頃にはデリケートゾーンの臭いなんて全く気になりませんでした。

30代になった頃から、トイレに行って下着を下ろすと、何となくすっぱいような臭いを感じるようになりました。

特に夏場の汗でデリケートゾーンが蒸れている時などは、自分でも強い臭いを感じるくらいです。

また、生理時やおりものがあった日などにも、臭いがきついなと感じていました。

自分でもわかるくらいですから、周りの人にも臭いが気づかれているのではと、気が気ではありませんでした。

満員電車や職場などで人と接近する時には、ビクビクしていました。

まずは、デリケートゾーンがきちんと清潔に洗えていないのではと思って、ボディーソープで毎日しっかりと洗うようしてみました。

それでも臭いが軽減した様子はなく、やはり蒸れた時や生理の時などには、デリケートゾーンの臭いが気になって仕方なかったです。

臭いの原因は何だろうとネットなどで調べてみて、原因は加齢によるものだと知りました。

また、臭いを取ろうとして、お風呂でゴシゴシ念入りに洗っていたのも、逆によくなかったようです。

スポンジなどで洗っていましたが、たっぷりとソープなどを泡立てて、手で洗うのが正解だと知って驚きました。

何とかデリケートゾーンの臭いを和らげる方法はないものかと、ネットで調べてみることにしました。

そうしたら、デリケートゾーン専用の石鹸というものが売っていたので、口コミなどを調べて評判のいいものを使ってみることにしました。

専用石鹸は普通の石鹸やボディソープと違って、臭いの大元を消臭する成分が入っています。

皮膚が薄くてデリケートな部分を洗うために作られていますから、肌にも優しいです。

ボディソープでゴシゴシ洗っていた頃はデリケートゾーンの乾燥などが気になりました。

しかし、専用石鹸を使い始めてからは、そんな乾燥もしなくなりました。

使い方はとても簡単で、泡立てネットでしっかりと専用石鹸を泡立てて、手で優しくデリケートゾーンを洗うだけです。

使い始めの頃はあんまり効果が感じられなかったのですが、2、3ヶ月くらいずっと使っているうちに効果を実感し始めました。

刺激のあるすっぱいような臭いが、だんだんと弱くなってきました。

夏場の汗をかく季節でも臭いがあまり気にならなくなったし、生理時の嫌な臭いも抑えられています。

とにかく人と接する日中のデリケートゾーンの臭いはコンプレックスになっていましたから、臭いがかなり軽減されて気持ちも楽になりました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ